急速冷凍機カタログ » 急速冷凍機のメーカーリスト » 大陽日酸

大陽日酸

ここでは、大陽日酸の急速冷凍機「Bistranza-FZT」「Bistranza-FZB」の特徴や、導入企業の声、会社情報などをご紹介します。

大陽日酸の
急速冷凍機を導入した
企業の声

※公式サイトに記載がありませんでした。

導入事例が豊富な
急速(瞬間)冷凍機5選を見る

大陽日酸の
主な急速冷凍機

液化窒素式
トンネル型フリーザー
「Bistranza-FZT」シリーズ
(MF-100SD)

液化窒素式トンネル型フリーザー「Bistranza-FZT」シリーズ(MF-100SD)

引用元HP:大陽日酸 公式
https://www.tn-sanso.co.jp/jp/business/product/bistranza-fz.html

タイプ 液化ガス冷凍機
サイズ 高さ1,900mm×幅1,200mm
×奥行き5,350mm

液化窒素と製品が効率的に熱交換することで、素早い凍結が実現します。-196℃の液化窒素の冷熱を利用して食品を急速冷凍。最大氷結晶生成温度帯を短時間で通過するため、解凍後のドリップロスが少ない、高品質の凍結処理が可能です

シンプルな構造で冷凍機・熱交換器などが不要のため故障が少なく、メンテナンスも簡単。装置の隅々まで洗い残しなく洗浄することができます。

液化窒素式
ボックス型フリーザー
「Bistranza-FZB」シリーズ
(MC-350)

液化窒素式ボックス型フリーザー「Bistranza-FZB」シリーズ(MC-350)

引用元HP:大陽日酸 公式
https://www.tn-sanso.co.jp/jp/business/product/bistranza-fz.html

タイプ 液化ガス冷凍機
サイズ 高さ1,540mm×幅1,100mm
×奥行き1,310mm

「少量多品種生産をしたい」「製品ごとに異なる条件で凍結したい」「季節的な生産変動が大きい」など、さまざまなニーズにフレキシブルに対応が可能

フロン・アンモニア冷媒を使用せず、環境に優しいのが特徴です。また、消費電力が少なく、設備コストもリーズナブル。大気放出していた排窒素ガスの冷熱を製品予冷などに有効利用するツインタイプも販売しています。

液化窒素式補助冷却機

液化窒素式補助冷却機

引用元HP:大陽日酸 公式
https://www.tn-sanso.co.jp/jp/business/product/bistranza-fz.html

タイプ 液化ガス冷凍機
サイズ -

「シーズンや納入先からの要請に応じて増産が必要になった」「製品の初温が高くて思ったより冷凍に時間がかかる」といった悩みをお持ちの方におすすめの、補助冷却器です。

既設ラインへの組み込みが可能なので、現在使用している装置を入れ替えることなく使用できます。また、装置の出口(入口)など、わずかなスペースで利用することが可能です。

大陽日酸は
どんな会社?

国内外で事業を展開する、
産業ガスのリーディング
カンパニー

2004年10月に国内大手の日本酸素(株)と大陽東洋酸素(株)が合併して誕生した大陽日酸。鉄鋼、化学、エレクトロニクスに半導体、非鉄・金属、自動車、医療、食品、さらには宇宙・航空分野など、さまざまな分野で必要とされる産業ガスを提供する国内有数のメーカーです

国内だけでなく東南アジアを中心に世界各国で事業を展開するなど、海外市場へも積極的に進出。2014年11月には三菱ケミカルホールディングスグループの一員となり、研究開発分野での協奏にさらなる期待が寄せられています。

大陽日酸の
会社情報

本社所在地東京都品川区小山1-3-26
電話番号03-5788-8000
設立1910年
公式HPのURLhttps://www.tn-sanso.co.jp/jp/