急速冷凍機カタログ » 食品別に急速冷凍機を紹介

食品別に
急速(瞬間)冷凍機を紹介

ここでは、急速冷凍機を販売する各メーカーの公式HPから、肉・肉加工、魚・魚加工、菓子・ケーキ類、パン、総菜といった食品別の導入事例をピックアップしてご紹介します。

※2022年1月現在「瞬間冷凍機」という製品は見つからず、ほとんどの製品は「急速冷凍機」と表記しています。(当サイト運営調べ)

肉・肉加工の
急速冷凍機

肉・肉加工に使用する急速冷凍機をお探しの方へ、実際に急速冷凍機を導入している企業・工場の事例をまとめました

エアブラスト式では3Dフリーザー(KOGASUN(旧:古賀産業))、プロトン凍結(菱豊フリーズシステムズ)、トンネルフリーザー(タカハシガリレイ)を、ブライン式ではリジョイスフリーザー(米田工機)、凍眠(テクニカン)、それぞれのメーカーの事例をピックアップしていますので、ぜひ参考にして下さい。

肉・肉加工に
おすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

魚・魚加工の
急速冷凍機

魚・魚加工で急速冷凍機を活用している企業・工場の事例を5例ご紹介します

エアブラスト式では3Dフリーザー(KOGASUN(旧:古賀産業))、プロトン凍結(菱豊フリーズシステムズ)、トンネルフリーザー(タカハシガリレイ)を、ブライン式ではリジョイスフリーザー(米田工機)、凍眠(テクニカン)をピックアップ。各公式サイトで紹介されている導入事例をまとめました。

魚・魚加工に
おすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

菓子・ケーキの
急速冷凍機

菓子・ケーキの製造工場・ショップで急速冷凍機をお探しなら、すでに導入している事例をチェックしてみましょう

ここでは、3Dフリーザー(KOGASUN(旧:古賀産業))、トンネルフリーザー(タカハシガリレイ)それぞれの導入事例をピックアップしています。ぜひ参考にして、満足できる冷凍機を選択しましょう。

菓子・ケーキに
おすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

パンの
急速冷凍機

パンの製造工場・ショップで急速冷凍機を導入している事例を3つピックアップしました。同じ食材で導入されているフリーザーなら安心感があり、導入後の活用イメージもしやすいです

KOGASUN(旧:古賀産業)の3Dフリーザー、タカハシガリレイのトンネルフリーザー、FMIのIRINOXについて、導入事例などをご紹介します。

パンにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

惣菜の
急速冷凍機

一口にお総菜と言っても、業種やお店によって何を冷凍するかは多種多様です。だからこそ、自社の工場や製品に合った冷凍機を探すなら導入事例を参照しましょう。

ここでは、冷凍ずしに活用されているプロトン凍結(菱豊フリーズシステムズ)をはじめ、牡蠣を使ったお好み焼きの冷凍を行っている3Dフリーザー(KOGASUN(旧:古賀産業))など、5つの事例をご紹介しています。

惣菜におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

米の急速冷凍

炊いた米は常温でも冷蔵でも劣化が早く、パサついたり味が落ちたりしてしまいます。飲食店や食品工場などでは、ごはんをいかに長期保存するかが長年の課題でした。米の急速冷凍によって、課題が解決した事例を紹介しています。

米におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

果物の急速冷凍

果物は冷凍すると甘味が損なわれる、食感が失われる、というような懸念がありましたが、上手に冷凍することでより一層甘味が凝縮されておいしさがアップします。フルーツの冷凍で用いられた導入事例をチェックしましょう。

ここでは、果物の冷凍に活用される3Dフリーザー®︎やリジョイズフリーザーでの事例をピックアップしています。

果物におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

麺類の急速冷凍

麺類は急速冷凍機を導入しやすい食品です。ここでは麺類で急速冷凍機を活用しているお店・企業の事例を紹介します。

KOGASUNの3Dフリーザーを使用している事例をピックアップ。公式サイトで紹介されている導入事例をまとめました。

麺類におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

きのこ類の急速冷凍

きのこ類は、水分量が多く長期保存が難しい食材のため、廃棄ロスが課題とされていました。しかしきのこ類は、細胞を壊すと旨味が増す特性があるため、冷凍向きの食材といえます。ここでは、きのこ類の保存に急速冷凍機を活用している事例を紹介します。

きのこ類におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

カレーの急速冷凍

スパイスから作る本格派カレーを店舗で味わいやすくなりましたが、遠方のお客さまには提供しづらいことが課題とされていました。また、調理や廃棄ロスが出てしまうことも問題に挙げられます。
ここでは、カレーを急速冷凍機で保存することにより、上述の問題点が解決した事例やメリットを紹介します。

カレーにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

玉子の急速冷凍

厚焼き玉子などを冷凍する過程で自然冷却する場合、落下菌が付着してしまう心配や冷却スペースが問題になることがあります。そこで、急速冷凍機の導入によってこれらの問題を解決できた事例について紹介します。
また、生の状態の卵や、調理済みの玉子を冷凍することによってどのようなメリットが期待できるのかなどについてもまとめました。

玉子におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

おせちの急速冷凍

近年は冷蔵のものだけではなく、冷凍のおせちを選択する方が増えました。冷凍で製造しておけば年末に集中的に調理スタッフを確保する必要もなくなり、製造のスケジュールも調整しやすくなります。
冷凍でおせちを製造することによってそれまで抱えていた問題を解決できた事例や、冷凍おせちと冷蔵おせちの違いなどについて紹介をします。

おせちにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

豆類の急速冷凍

豆類は緩やかに冷凍すると、独特の風味や旨味、食感が損なわれてしまうことが問題です。そのため余ったらそのまま捨てられてしまうことが多く、遠方への出荷も難しいのが現実でした。
しかし急速冷凍機を用いれば、豆類をとれたてに近い味で出荷できるようになります。豆類の急速冷凍で悩みが解決した事例と、急速冷凍による2つのメリットをご紹介します。

豆類におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

練りもの急速冷凍

練りものは冷凍すると「す」が入ってしまいがちで、遠方への出荷が難しい食品のひとつです。しかし急速冷凍機なら「す」を入れずに練りものを冷凍することができ、さらに賞味期限も伸ばせるため販路拡大に役立ちます。
また練りものを急速冷凍することにはさらにメリットがあります。急速冷凍機を導入したことで悩みが解決した事例と、急速冷凍機を導入することのメリットについて紹介する記事です。

練りものにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

貝類の急速冷凍

貝類は種類によって冷凍・解凍方法を変えなくてはいけません。貝類のむき身冷凍製品は裸でトンネルフリーザーによる急速凍結を行いますが、乾燥防止のグレーズ処理により、解凍時に水分を吸ってしまい美味しくなくなってしまう問題があります。 しかし急速冷凍であれば、乾燥せず、グレーズ処理も必要ないため、食感や旨味が損なわれません。

貝類におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

野菜の急速冷凍

野菜を冷凍保存する際は、90~100度の熱湯や蒸気で短時間加熱する「ブランチング処理」を行うのが一般的です。ブランチング処理をしたうえで急速冷凍することで、みずみずしさをキープできます。野菜の種類によっては、ブランチング処理をせずとも急速冷凍により生の食感・風味をキープ可能です。収穫時期や収穫高に左右される野菜を扱う場合は、相性の良い急速冷凍機を使うのが良いでしょう。

野菜におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

牛乳の急速冷凍

メーカーや製法によって差はあるものの、牛乳の賞味期限は冷蔵保存でも約1週間ほどで、開封した場合には2日程度で飲み切ったほうがいいと言われています。
そもそも腐敗しやすい牛乳は時間をかけて長距離輸送するには向かない食品でしたが、輸送網の整備や冷凍技術の発達によって現在では長期保存が可能となり、輸出にも充分対応できるようになっています。

牛乳におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

マヨネーズの急速冷凍

マヨネーズはもともと冷解凍に弱く、凍らせると油と酢が分離してしまう性質がありました。しかし、現在では冷凍解凍耐性を持つマヨネーズが開発され、解凍後も作ったままの風味をキープできることから幅広い用途に利用されています。
マヨネーズなどの乳化製品に耐冷凍性を持たせるためには、乳化剤や牛乳に含まれるたんぱく質「カゼイン」を配合するなど、さまざまな方法があります。

マヨネーズにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

お餅の急速冷凍

つき立てのお餅は大変食感と風味が良いものですが、一度に完食することは現実的ではないので、多くの方はのし餅にするでしょう。のし餅を煮たり焼いたりしても美味しいのですが、その保存期間は3~6日ほど。より長期的に良質な状態を維持するならば、お餅を急速冷凍することがおすすめです。お餅と冷凍との関係、お餅の急速冷凍によるメリットをご紹介しています。

お餅におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

スイカの急速冷凍

冷凍・解凍したスイカは、食べるに耐えられないほど残念な状態になります。ただし、急速冷凍した上で冷凍状態のまま食べる前提ならば、十分に流通価値のある新しい商品として販売することも可能。実際に大手通販サイトでも冷凍された状態のスイカは多々販売されています。ここでは、スイカと冷凍の関係、およびスイカを急速冷凍するメリットをご紹介しています。

スイカにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

レタス・キャベツの急速冷凍

レタスやキャベツは葉物野菜として大きな需要を誇りますが、可食部のおよそ9割が水分です。そのため、冷凍保存に向いていないとされていますが、急速冷凍であれば冷凍保存が可能です。このページではレタスやキャベツが急速冷凍であれば冷凍できる理由や解凍したに向いている調理方法についてを解説しています。

レタス・キャベツにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

じゃがいもの急速冷凍

可食部のおよそ8割が水分のじゃがいもは、冷凍することで水分の凍結を招き、じゃがいも本来の「柔らかくてほくほく」な食感が損なわれてしまいます。しかし、冷凍までの時間が短い急速冷凍であれば、じゃがいものへのダメージを抑えての冷凍が可能です。ここではじゃがいもを冷凍だけではなく、解凍するポイントまで紹介しています。

じゃがいもにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

お弁当の急速冷凍

お弁当を冷凍すると、ごはんの水分が蒸発して味が劣化してしまっていました。急速冷凍なら、熱いまま炊き立てに近い状態で冷凍可能。水分が蒸発せず、おいしさを保てます。急速冷凍機を導入することで、計画的に弁当を製造できるようになり、廃棄を削減することが可能です。長期保存ができるため、安定した食事の提供ができます。

お弁当におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

ラーメンの急速冷凍

仕込みに時間がかかるスープやチャーシューはラーメンの命です。生産効率を重視して味を落としては意味がありません。そこで活用できるのが急速冷凍。急速冷凍なら味を損なうことなく長期保存が可能になります。また、麺を解凍せず調理できるため通信販売にも販路を拡大することが可能です。ニーズに沿った安定提供も実現します。

ラーメンにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

日本酒の急速冷凍

日本酒のしぼりたては、本来蔵でしか味わえないものでした。日本酒を通常冷凍すると、分離したり瓶が破損したりする問題があり、解凍すると著しく味が落ちてしまいます。急速冷凍の活用により、ほぼ味を変化させることなく、いつでもどこでも蔵でしか飲めないフレッシュな生酒を提供できるようになります。

日本酒におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

漬物の急速冷凍

漬物は「長期保存すると冷蔵していても発酵が進んでしまい、味が変わってしまう」「通常の冷凍では独特の歯ごたえや歯切れの良さが失われてしまう」というデメリットがありました。しかし、急速冷凍することで、発酵の進行による味の変化を抑えるとともに、漬物に含まれる水分による氷の結晶の成長も抑制し、細胞を壊さずに冷凍できます。このため、解凍時に品質を損なわず提供が可能です。

漬物におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

豆腐・胡麻豆腐の急速冷凍

豆腐・胡麻豆腐は、通常の冷凍では食感が変わってしまうというデメリットがあります。しかし、急速冷凍であれば、冷凍・解凍しても柔らかでみずみずしい食感を損なわずに提供が可能です。消費期限の短い豆腐・胡麻豆腐も長期保存が可能となり、さまざまな販売・提供形態に対応できるようになります。

豆腐・胡麻豆腐におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

揚げ物の急速冷凍

揚げ物を冷凍すると、解凍したときにサクサク感が失われ、水っぽくべちゃっとなってしまうのが課題でした。急速冷凍をすることで、中の食材から水分が衣に移ることなく、揚げたてのサクサク感を残したまま冷凍することができるようになります。

揚げ物におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

チャーハンの急速冷凍

チャーハンを冷凍すると、大量のため加熱や冷却に時間がかかり、特有の風味を損なってしまうのが課題です。急速冷凍することで、ごはんの一粒一粒がきれいに冷凍でき、解凍してもパラパラのチャーハンが味わえます。解凍の方法を工夫することで、風味も作りたてにより近づけます。

チャーハンにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

魚卵の急速冷凍

いくらやたらこ、めんたいこなどの魚卵を冷凍保存するときの課題は、「氷結晶ができる」「氷結晶が大きくなる」です。氷結晶が大きくなると細胞や組織が破壊されてしまいます。この課題をクリアするにはどのような方法を選択すればよいのでしょう。急速冷凍した場合、形や品質は保たれる?長期保存は可能?魚卵を冷凍保存するメリットについても解説しています。

魚卵におすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

こんにゃくの急速冷凍

こんにゃくを冷凍保存して解凍すると、氷の結晶によって組織が壊れるため、元には戻らず弾力がなくなりスポンジ状になってしまいます。こんにゃくは冷凍保存に適していない食品なのでしょうか。調理したときに味が染み込みやすいので、食感を楽しむのであれば冷凍保存もありです。急速冷凍した場合、素材や風味、食感は保たれるのでしょうか?こんにゃくの急速冷凍についてまとめました。

こんにゃくにおすすめの
急速冷凍機について
詳しく見る

PICK UP
導⼊実例ありの
急速冷凍機5

▼スクロールできます▼

製品名 冷凍能力 導入事例 事例ありの冷凍可能な食材 設立
3Dフリーザー
(KOGASUN(旧:古賀産業))

公式HP

6~400㎏/1時間 21件 魚・魚加工/肉・肉加工/菓子/惣菜/パン/麺 1969年
プロトン凍結
(菱豊フリーズシステムズ)

公式HP

3~150㎏/1時間 10件 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜 1999年
トンネルフリーザー
(タカハシガリレイ)

公式HP

※WEB上に情報なし 4件 魚・魚加工/肉・肉加工/パン 1960年
リジョイスフリーザー
(米田工機)

公式HP

1.5~100㎏/1時間 17件 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜/麺 1973年
凍眠
(テクニカン)

公式HP

14~560㎏/1時間 16件 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜/麺 1988年