急速冷凍機カタログ » 食品別に急速冷凍機を紹介 » カレーの急速冷凍

カレーの急速冷凍

カレーは、レトルト食品もさることながら、スパイスから作る本格派のお店も増えてきました。

しかし、お店のカレーは店舗でしか味わえないことも多く、提供範囲が限られていることが課題とされています。

ここでは、カレーの急速冷凍について、事例やメリットを交えておすすめの理由を解説していきます。

急速冷凍機を導入したことで悩みが解決した事例

高砂加古川のカレー店

冷凍カレーを製造することで今まで以上に多くの方に、カレーを食べてもらい喜んでもらえるのではと導入しました。

店舗では一人前しか食べてもらえないが、冷凍カレーはまとめて買ってもらえるため、徐々に売上にもつながっております。

カレー店の急速冷凍機導入によるメリット

カレー店で急速冷凍機を導入することにより、サービスの幅が広がり、売上増加や労力削減につながることが大きなメリットといえます。

また、冷凍したカレーは約1ヶ月保存可能なため、廃棄ロスの削減にもつながるでしょう。

配送をメインに行っている店舗の場合でも、一日に必要な分だけ冷凍保存することで、調理コストを省くことができ、人件費削減も期待できます。

高品質なカレーを全国のお客さまへ提供できるようになると、新規顧客の獲得やリピート増加につながり、店舗経営の安定につながりやすいのもメリットといえます。

豊富な食材に対応
急速(瞬間)冷凍機5選を見る

PICK UP
導⼊実例ありの
急速冷凍機5

▼スクロールできます▼

製品名 3Dフリーザー
(KOGASUN(旧:古賀産業))
プロトン凍結
(菱豊フリーズシステムズ)
トンネルフリーザー
(タカハシガリレイ)
リジョイスフリーザー
(米田工機)
凍眠
(テクニカン)
問い合わせ先
KOGASUN(旧:古賀産業)

引用元HP:KOGASUN(旧:古賀産業) 公式
https://3d-freezer.com/

公式HP

菱豊フリーズシステムズ

引用元HP:菱豊フリーズシステムズ 公式
http://www.proton-group.net/top/

公式HP

タカハシガリレイ

引用元HP:タカハシガリレイ 公式
https://www.galilei-tm.co.jp/

公式HP

米田工機

引用元HP:米田工機 公式
https://kyusokureitoki.jp/

公式HP

テクニカン

引用元HP:テクニカン 公式
https://www.technican.co.jp/product-info/tomin/

公式HP

冷凍能力 6~400㎏/1時間 3~150㎏/1時間 ※WEB上に情報なし 1.5~100㎏/1時間 14~560㎏/1時間
導入事例 21件 10件 4件 17件 16件
設立 1969年 1999年 1960年 1973年 1988年
事例ありの
冷凍可能な食材
魚・魚加工/肉・肉加工/菓子/惣菜/パン/麺 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜 魚・魚加工/肉・肉加工/パン 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜/麺 魚・魚加工/肉・肉加工/惣菜/麺